業者によって車検の値段が大きく違うのは何故?

業者によって車検の値段が違う理由

まず、車検にかかる費用は、どんな車でも、車の排気量に応じて一律にかかる法定費用と、車検をしてくれる業者が自分の取り分とする費用に分かれます。法定費用には、自動車重量税や自賠責保険の料金、印紙代などが含まれています。この法定費用の部分は、どんな業者にお願いしても、極端な話、業者にお願いせず、自分で車検場に行って車検を通した(いわゆるユーザー車検)としても変わりません。つまり、車検を代行してくれる業者の取り分となる費用に差があるわけです。これには、車検を通すための予備検査代金や、車両の整備料金、車検代行料などが含まれています。それぞれの料金は業者によって、まちまちですので、これによって最終的な車検の値段が大いに変わってくることになるわけです。

どこで車検をしてもらうのが良いのか


車検は、お願いする業者によって費用にかなりの違いがありますが、では、どこで車検をするのが一番良いのでしょうか。一番安いところが良いと考えがちですが、必ずしもそうとは言えません。安いところでは最低限車検を通すのに必要なパーツしか交換しないということがあります。一方、ディーラーなどでは、車検の費用は高くなりがちです。これは、純正部品を使って修理をしたり、作業工賃が一般の修理工場などより高めであるためです。でも、もし普段からあまり点検などを行なっていないとすれば、こうした確実で徹底的な整備をしてもらうことによって、車検後も安心して車に乗ることができると考えられます。このように値段だけでなく、自分の車の乗り方などを考えた上で車検を受けるところを決めるのが最も良い方法と言えるでしょう。