個人で車検を。ユーザー車検

全国各地で受けることができます

ユーザー車検は自動車ディーラーなどの整備工場ではなく、国土交通省が指定した陸運局で受けることが可能です。陸運局は全国各地にあり好きな場所で受けることができます。事前に予約してから受験する必要があります。予約方法ですが、電話での予約以外にもインターネットの公式サイトから直接予約することも出来ます。予約が完了したら完了済みのメールが陸運局から届きます。メールが届かない場合には陸運局に問い合わせをしなければいけないです。一旦予約した場合でも予定変更にも対応しています。陸運局の公式サイトには予約に関するかなり詳しい説明が記載されているので、初めてこちらのサイトを利用する人でも安心して利用することが可能です。

ユーザー車検は価格が安い


車検には法廷費用以外にもディーラーなどが請求する手数料があります。こちらの手数料はディーラーなどによって違いますが、10000円程度かかります。しかしユーザー車検だとこの費用がかかりません。そのためユーザー車検を利用するとかなりリーズナブルな価格で済みます。
しかし逆に高くなる場合もあります。ユーザー車検でエラーが出た場合、その部分のみ自動車ディーラーや自動車整備工場などで修復する必要があります。その場合、工賃の割引などは受けられない可能性が非常に高いです。そのためユーザー車検を受ける際には、日頃からきちんと整備点検をしておくことが、ユーザー車検の総費用を安くするためには大切なポイントになります。